お酢を使った簡単ワキガ対策方法!お酢さえあれば今日からできますよ

お酢を使った簡単ワキガ対策方法!お酢さえあれば今日からできますよ

お酢を使ったワキガ対策の方法があるのは皆さんご存知でしょうか?お酢を使ったワキガ対策の方法をは簡単なので、お酢さえあれば今すぐ始めることができます。

ワキガ対策ラボ編集部
お酢を使ったワキガ対策の方法と、いったいなぜ、ワキガにお酢が効果的なのか?まとめてみましたので、参考にしてみてください。

なぜお酢でワキガの匂い対策ができてしまうの?

ワキガだけではなく、鼻にツーンと残る体臭の匂いだったり、汗の匂いの原因は、アンモニア臭が関係しています。アポクリン腺の分泌物、皮脂、汗などと、アンモニア臭がプラスされると、鼻につーんとする匂いが発生します。

汗をかくための必要なエネルギーと言われている「クエン酸回路」があります。不規則な生活習慣、偏った食生活を続けていると、クエン酸回路の働きが悪くなります。

クエン酸回路の働きが悪くなると、汗の中に尿素であったり、アンモニアが分泌されます。これらが原因となって、嫌な体臭となってしまいます。

お酢には、「クエン酸」「リンゴ酸」などが含まれており、これらの栄養素が、クエン酸回路の働きを助けます。

ワキガ対策ラボ編集部
鼻にツーンとした体臭が発生しているなら、クエン酸回路の働きが悪くなっている可能性があります。では早速、お酢を使った簡単ワキガ対策の方法をご紹介します。

お酢を使ったワキガ対策は超簡単で、お酢さえあれば誰でも可能

1.お酢を1日20ミリリットルほど毎日欠かさず飲む

飲む酢

お酢を飲んでワキガ対策の手順
  1. 自分が飲みやすい酢を見つける
  2. 毎日20〜30mlほど欠かさず飲む
  3. 朝晩飲むのが理想的

最近では、「飲む酢」とかも発売されているので、飲みやすい酢はたくさんあるかと思います。飲みやすい酢を見つけるのが最大のポイントです。ジュースなどで割って飲むのがおすすめです。

酢を使ったワキガの匂い対策は、二つあります。一つは、酢を摂取する方法。繰り返しになりますが、汗を出すエネルギーですが、クエン酸回路が関係しています。

お酢にはクエン酸回路の働きを助ける効果がありますので、お酢を摂取することで、クエン酸回路の働きがよくなるので、体臭、ワキガ対策ができることになります。

ワキガ対策ラボ編集部
いくら美味しい飲む酢が発売されているからと言っても、最初はきついかもしれません。慣れればこっちのもんなので、継続して飲み続けていきましょう。

2.お酢をほんの少しお風呂に入れて入浴する

お酢風呂の手順
  1. お風呂に約100ml程度のお酢を入れる
  2. 15分〜20分程度入浴する
  3. お風呂から上がる時にシャワーを浴びる

浴槽のサイズによって、入れる量は変わってきますが、大体の浴槽は200L程度です。70〜100nl程度のお酢を入れるのがちょうど良いでしょう。コップ半分ぐらいが目安です。

お酢に含まれているクエン酸には、殺菌効果が期待できます。体臭の原因、ワキガの原因の元となっている雑菌の繁殖を抑えたりすることもできます。

また、菌の繁殖を抑えるだけではなく、乳酸の発生も抑える効果があるので、アンモニア抑えることも期待できます。

ワキガ対策ラボ編集部
酢風呂と聞くと、「なんか体が酢臭くなりそう」な感じありませんか?入れる酢の量は少量なので、ほとんど気になりません。出るまでにシャワーを浴びればオッケイです。

番外:酢を直接塗ってワキガの匂い対策!

酢を直接、脇や気になる体臭の部位に塗って対策する方法もあります。直接塗るのは、かなり臭いため、お風呂前の殺菌としてするようにしてください。

出掛ける前に、酢を脇に塗ったりするのは、NGです。当然ですが、酢臭くなりますからね。お風呂の前、体を洗う前などがちょうど塗るタイミングとしては、ちょうど良いでしょう。

ワキガ対策ラボ編集部
酢風呂で全然効果が期待できるので、直接塗ることは、しなくても大丈夫です。めっちゃ匂いが気になる時は、お風呂前に酢を脇に塗るなどはありかもしれません。

お酢を使ったワキガ対策方法のまとめ

この記事のまとめ
  • 酢にはアンモニア臭を抑える効果がある
  • 酢を飲んでワキガの匂い対策
  • 酢を肌に直接する方法もあるけどお風呂に入れるのがおすすめ
  • お風呂に酢を少し入れて入浴する
ワキガ対策ラボ編集部
酢を使ったワキガ対策の方法は意外と簡単に見えませんか?お風呂に酢を少し入れて入浴する方法が簡単で意外と効果的だったりしますよ。しかし、酢を入れすぎたら酢臭くなってしまうので注意してくださいね。